垣田 貢仁子(かきた くにこ)(弁護士)

 

学生時代は、アパレルや化粧品の販売を中心に、接客アルバイトを多数経験。

高校で一番好きな授業が哲学倫理だったり、

大学で一番成績が良かった(多分)科目が心理学だったり、

大学で一番興味を持った授業が刑事政策や犯罪学(なぜ人は犯罪を犯すのか?という勉強)だったりで、

そういった人間科学関連の仕事がしたくて、弁護士資格を取得。

弁護士業務は、多様な人と関われることが楽しいし、とても興味深い。

2011年12月弁護士登録。2016年1月に独立し、法律事務所を共同経営中。

 

仕事は人生の大きな要素だから、そこに現れる姿勢や考え方は、その人そのもの。

仕事を法律面からサポートすることで、「あなた」を応援したい!

そんな思いで、この士業グループに入っています。

 

私生活では、無類の漫画好き。手塚治虫先生を本気で崇めていて。

「手塚先生が医師免許なら、(文系の)私は弁護士資格だなー」と思ったことも、

弁護士を目指したキッカケの一つではある。

(ほとんど意味の分からない理論だけれど、当時の若さゆえ。)

 

昨年、東宝演劇の「エリザベート」を見て以来、ミュージカル・舞台にもドはまり中。

詳細はこちらから。

【自己紹介】垣田貢仁子(弁護士)

初めまして

プロフィールに長々と書いてしまったので

特に目新しい情報がないのですが、

ひねり出して自己紹介したいと思…