パラレルワークは撤退・軌道修正しやすいからハードルも低い!

パラレルワークは撤退・軌道修正しやすいからハードルも低い!

こんにちは、弁護士/プロコーチ/セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈です!

パラレルワークをオススメする3つの理由!

1.生活の心配をしなくていい!

2.リスクを圧倒的に小さくできる!

3.撤退・軌道修正しやすい!

1と2については既にお話しました。

生活の心配が無いことがパラレルワーク最大のメリット!

こんにちは、弁護士/プロコーチ/セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈です!

パラレルワークの定義には色々ありますが、僕…

パラレルワークで圧倒的にリスクを小さくできる!

こんにちは、弁護士/プロコーチ/セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈です!

先日、パラレルワークをオススメする3つの理由…

今回は、3つ目の理由についてお話します!

そもそもやりたいことって何?

パラレルワークとは、「本業で安定を確保しながら、本業以外の時間を使って、本当にやりたい仕事をすること」です。

でも、「そもそも私の『本当にやりたい仕事』って何だろう?」、そう思う方も多いはずです。

やりたいこと探しに関する本やセミナーは世の中に溢れており、その手法も様々です。

でも、未だ唯一絶対の方法が確立されているわけでもなく、やりたいことが分からないという人は溢れているのが現状。「本当にやりたい仕事を見つける」というテーマがいかに難しいかが分かります。

何を隠そう、僕自身も長年「やりたいこと探し」に明け暮れましたので、「見つからない!」という気持ちはよく分かります。

では、どうするか?

まずは、本、セミナー、コーチング、コンサル、人に相談するなどして、自分の内面と深く向き合い、本当にやりたい仕事を探ってみることです。

ここで重要なのは、いくら熱心に本を読んだりセミナーに通っても、「これがやりたい仕事だ!」と確信できるわけではない、ということです。

なぜなら、実際仕事を始めてみたら、思ったのと違ったということがあります。また、「より」自分がやりたい方向性が見つかることもあります。さらに、人間は成長しますので、成長に応じてやりたいことが変化していくことも自然なことです。

例えばコーチングをやりたい人が、「人生に悩んでいる人全般」をターゲットに始めたとしましょう。ところが実際にコーチ業を続けてみると、「悩んでいる人の中でも、こういう人に受けて欲しい!」という風に絞れてくることも多いわけです。

大きく始めるとリスクが大きい!

もし、会社を辞めて、多額の設備投資をして、人を雇って、法人を作って、オフィスを借りて…という感じで大きく始めてしまったらどうなるでしょうか?

「思ったのと違った」と言って撤退することは非常に難しいでしょう。そして結局「辞められないから続けている状態」になり、一体何のために始めたのか分からなくなります。

パラレルワークなら撤退・軌道修正は簡単!

他方、パラレルワークで小さく始めた場合はどうでしょうか?

「なんか違う…」「もっとこういう方向にしたい」と思った時、撤退・軌道修正が簡単です。

なぜなら、ライスワークの安定があるので生活のことは考えなくて良いですし、小さく始めているので、撤退・軌道修正に掛かる労力や費用が少なくて済むからです。

ですから、「これかな」と思ったらチャレンジしてみて、違ったら撤退・軌道修正すれば良いわけです。

もちろん、撤退・軌道修正が簡単だからと言ってアレコレ手を出して、始める・辞める・軌道修正を繰り返すと信用を失います。ですから、始める時・軌道修正する時は、可能な限り確信に近づけなければならないことは言うまでもありません。

まとめ

パラレルワークをオススメする3つ目の理由をお話しました。

実際仕事を始めてみなければ「これが本当にやりたい仕事だ!」という確信には至りません。また、始めた後に軌道修正が必要なこともあります。だからこそ、撤退・軌道修正が簡単なパラレルワークをオススメします。