意識するだけで避けられるブログSNSの落とし穴

意識するだけで避けられるブログSNSの落とし穴

ブログ・SNSでの情報発信と法律ルール#1~ブログ・SNSの特徴と気をつけること~

こんにちは、弁護士の河野佑宜です!

パラレルワーカ-,フリーランスの方は,ブログ・SNSで広報・宣伝されている方が多いと思います。そうでない方も,ブログ・SNSを利用されている方はたくさんいます。

しかし,ブログ・SNSの特徴を踏まえて気をつけるべき点を知っていないと,法律の落とし穴にはまってしまいます

 

今回のブログは,皆さん,既にご存じのことかもしれません。

しかし,実際にブログ・SNSを書いている時にどこまで意識しているか/できているか,一度考えてもらうためにも,今日は,ブログ・SNSの特徴を踏まえて気をつけるべき点について,お話ししたいと思います。

#1 内容次第で注目が集まる!

ブログ・SNSで,アクセス数やフォロワー数,リツイートが多い方がいいですよね。手っ取り早く多くするには,世間の注目を集められれば増えますよね。

この「世間の注目を集めたいと気持ち」は落とし穴の1つです。

注目を集めたい一心で,過激な内容になってしまうことがあります。たとえば,ついつい誇張したことを書いたり,事実でないことを書いたり,書く必要もない事実を書いたり・・・どんどん内容が過激になり,エスカレートしていくと,最後は法律の落とし穴にはまってしまうのです。

#2 簡単・気軽!

ネットの普及やスマホの普及から,誰でも簡単に,そして気軽に,ブログやSNSを書くことができる時代です。

この「簡単さ,気軽さ」は落とし穴の1つです。

簡単・気軽だから,何かあったらすぐに投稿していませんか。その時の一時の感情,ノリだけで投稿するのは,とても危険です。そんなつもりはなかったのに,と思っても手遅れということもあります。

#3 みんなやってる,自分だけじゃない!

ネットの普及で,誰もがブログやSNSをやっています。良くも悪くも,みんなが気軽に記事を書き,投稿しています。

この「みんなやってる,自分だけじゃない」は落とし穴の1つです。

みんなやってるから大丈夫だ,というのは法律の正解では通じません。みんながやっていても,法律違反には変わりないのです。

#4 世界中に発信されて,記録が残る!

ブログ・SNSはいずれも「インターネット」世界への投稿です。自分の書いた記事,投稿は,世界中に発信されて,記録に残ります。

この「世界中に発信され」「記録が残る」ことも落とし穴の1つです。

どこで,だれが,自分の書いた記事,投稿を見ているか分かりません。また,記事や書き込みを削除しても,色々なところでコピーされているかもしれません。そのため,自分では思ってもいないところから,問題がでてくることもありえます。

 

今日のまとめ

さて,今日書いたブログ・SNSの特徴そのものは,皆さんも知っていたことだと思います。しかし,毎回意識しているか,と言われたらどうでしょうか。

ブログに記事を書くとき,SNSに投稿するとき,今日書いた4つの特徴を知り,意識するだけで落とし穴にはまる危険は格段に防げます。

最後にまとめとして,4つの特徴を列記しておきます。

  • 「世間の注目を集めたいと気持ち」は落とし穴
  • 「簡単さ,気軽さ」は落とし穴
  • 「みんなやってる,自分だけじゃない」は落とし穴
  • 「世界中に発信され」「記録が残る」ことも落とし穴

今後のブログでは,法的責任の具体的内容や具体的な問題について,解説していきます。