会社に勤めながら副業OK?

会社に勤めながら副業OK?

こんにちは。弁護士の芳賀由紀子です!!

パラレルワーカーとは、『本業で安定を確保しながら、本業以外の時間を使って、本当にやりたい仕事をしている人たち』のことです。素敵な生き方ですよね。

今回は、パラレルワーカーのみなさんからよく聞かれる「会社と副業との関係」についてお話ししたいと思います。

会社員が副業することは、許される?

パラレルワーカーのみなさんからよく受ける質問として「副業していることが会社にばれても大丈夫でしょうか?」という質問があります。

あなたが副業していることを会社が知ったら……?一体どうなるのでしょうか?

会社に勤めながら、本業とは別に副業をやることは、果たして法律上許されないことなのでしょうか。

 

公務員には副業を禁止する法律の規定があるが・・・

実は、公務員には副業を禁止する法律の規定があります。よって、公務員の人は、パラレルワーカーとして働くことは原則としてできません。

では、公務員以外はどうでしょう?

実は、民間企業においては、副業を規制する法律はありません。公務員のように、法律によって副業は禁止されてはいないのです。

そうであれば、副業は大っぴらにやってもよいのでしょうか?

しかし、ここで注意していただきたいことがあります。

たしかに、民間企業においては、法律では副業は禁止されていません。しかし、会社によっては、社内規定等で、副業を禁止していることがあるのです

よくあるのが就業規則に副業禁止規制が設けられているパターンです。

 

まずは、自分の会社の就業規則を確認しましょう

まずは、自分の会社の就業規則を自分の目で確かめてみましょう

そこで、就業規則がどのような記載になっているかをきちんと確認することです。

 

副業禁止規定は、以下のような形で記載されていることがよくあります。

(遵守事項)

第□□条 労働者は、以下の事項を守らなければならない。

一 許可なく職務以外の目的で会社の施設、物品等を使用しないこと。

二  職務に関連して自己の利益を図り、又は他より不当に金品を借用し、若しくは贈

与を受ける等不正な行為を行わないこと。

三 勤務中は職務に専念し、正当な理由なく勤務場所を離れないこと。

四 会社の名誉や信用を損なう行為をしないこと。

五 在職中及び退職後においても、業務上知り得た会社、取引先等の機密を漏洩しな

いこと。

六 許可なく他の会社等の業務に従事しないこと

七 酒気を帯びて就業しないこと。

八 その他労働者としてふさわしくない行為をしないこと。

 

もし、就業規則に副業禁止規定があった場合

では、就業規則で副業が禁止されている場合、パラレルワーカーとしての道は一切閉ざされてしまうのでしょうか?

実は、そうでもないのです。裁判例をみてみると、就業規則で副業が禁止されている場合でも副業が解雇事由にならなかったケースがいくつかあります。

 

気になりますね。次回は、裁判例を参考にしながら、どのような場合であれば副業が許されるのかを一緒にみていきたいと思います。

→ 次回テーマ「もし、副業NGの会社で副業が見つかってしまったら?」

 

まとめ

  • 民間企業においては、副業を規制する法律はなく、公務員のように、法律によって副業は禁止されてはいない!!
  • しかし、会社によっては、就業規則等で副業を禁止していることがあり、注意が必要!!