【自己紹介】芳賀由紀子(弁護士)

【自己紹介】芳賀由紀子(弁護士)

はじめまして

みなさん、はじめまして。弁護士の芳賀由紀子(はがゆきこ)です。

パラレルワーカー&フリーランスとして働きたいと考えている人たちのために、各分野のスペシャリストが必要な知識や有益な情報を提案し、みなさんの活躍のお手伝いをするという「士業によるパラレルワーカー&フリーランスサポート」の趣旨に賛同し、このプロジェクトに参加しました。

経歴

私は、多くの人のように、最初から弁護士になりたいという強い思いを抱いて学生の頃から司法試験の勉強をして弁護士になったわけではありません。

大学卒業後は地元の一般企業に就職し、地元の活性化や街づくりに貢献する仕事がしたいと思っていました。

しかし、人生何が起こるか分かりません。

地元の企業に就職し、たまたま配属された法務室という部署で、思いがけず多くの事件や人に出会い、法律の面白さを知ることになります。自分のアドバイスで人が笑顔になることに大きな喜びを感じ、法律知識を駆使して問題を解決していく仕事が楽しくてしょうがありませんでした。

法律を通して人の役に立てた!という実感がこんなにも自分の中で嬉しく『生きる力』になるというが自分の中でも大きな驚きで、そのうち、一生法律にかかわる仕事がしたい、法律を生業とする弁護士という職業に就きたいと思うようになりました。

そして、ついに、入社五年目に一念発起して弁護士を目指します。「絶対無理だ!」「会社を辞めるなんてもったいない!」という周りの反対を押し切って……。

弁護士への道のりは険しく困難で、何度もくじけそうになりましたが、いろんな人に助けられ、何とか念願の弁護士になることができました。

よいこともわるいことも,回り道をしたからこそ得られた貴重な経験がたくさんあります。

今、弁護士として仕事ができることを幸せに思い、少しでも多くの人のために精一杯尽くすことのできる弁護士でありたいと思っています。

ご提供していく情報

パラレルワーカーやフリーランスとして、みなさんが自分の好きなこと、面白いと考えることを追求していきたいと考えてビジネスを始めるとき、法律というのはとても重要になってきます。法律は味方にもなってくれますし、おろそかにすれば敵にもなります。

どうせだったら、法律を味方につけたくはありませんか?

これからは、パラレルワーカーやフリーランスの人たちが増えていくにしたがって、今までなかった、さまざまな新しい形のビジネスが模索されるようになるでしょう。そうすれば、既存の法的観点だけでなく、新しい法的観点が必要となってきます。

私たちメンバーも勉強を重ね、最新の情報を取り入れ、みなさんが知りたいと考える実務に役立つ法律知識をこのブログでは発信していきたいと考えています。

このブログでは、パラレルワーカーやフリーランスのみなさんが、法的トラブルに悩まされることなく、「本来のやるべきこと」に集中し、仕事や人生に全力投球できるよう、経験に基づいた適切な法的アドバイスを行い、みなさんをしっかりとサポートしていくことを目的としています。

紛争に巻き込まれ、「本来のやるべきこと」に集中できなければ、仕事や人生はよくない方向に向かって行ってしまいます。

みなさんに寄り添い、みなさんが有益だと考えるような情報をこのブログでは発信し、みなさんが好きなこと、面白いことに全力投球できるようにサポートしていければと思います。

どうぞよろしくお願いします。