【自己紹介】河野佑宜(弁護士)

【自己紹介】河野佑宜(弁護士)

よろしくお願いします!

はじめまして,河野 佑宜(こうの ゆうき)です。京都生まれ,京都育ち。京都で弁護士をしています。

これまで真面目に2回,「コアラ」に似ていると指摘されたことがあります。それ以来,フリスクを買うときはユーカリ味を買っています。

さて,いきなり「コアラ」に似ていると言う私。「いったいどんな人なの?」と思われるでしょう。私の簡単な経歴や,弁護士になるまでのこと,そしてこのブログへの想いを書きたいと思います。

経歴

1998年,京都にある立命館高校から,立命館大学法学部へ進学し,卒業

2002年,立命館大学大学院法学研究科(ロースクールではない大学院)へ進学し,修了

2005年,司法試験合格

2007年9月〜京都弁護士会所属

2015年9月,独立し,「こうの法律事務所」を設立

京都弁護士会には,色々な委員会があり,複数の委員会に所属しています。私は主に「広報委員会」で活動しており、2015年~広報委員会委員長をしています。

2008年〜立命館大学のロースクールで,司法試験合格のための「弁護士ゼミ」を行っています。これまで司法試験に合格してくれたゼミ生が多数います。

司法試験を目指すまで(挫折~司法試験へ)

中学のころ,なんとなく医者か弁護士になりたいと思っていました。しかしTVで手術シーンを見て,「血は無理だわ」と思い,消去法で「弁護士」になりたいと考えました。

しかし,中学の終わりから,スラムダンクとマイケルジョーダンの影響で,バスケ・ストリートバスケット(ストバス)に明け暮れました。この当時は、「弁護士」になりたいということは完全に忘れていました。

高校1年の最後のころ,ストリートバスケットの試合でアメリカ人チームと対戦。アメリカ人のレベルの高さに圧倒され,心が折れてしまいました。また,同じ頃にバスケの名門高校の補欠選手と対戦し、レベルの高さに圧倒され,さらに心が折れました。

バスケへの思いが折れていた(同時期に右腕も複雑骨折する)高校2年のころ,中学3年の時に何となく買ったギターをしようと思い,ギターを弾き始めました。

高校2年~大学2回生までは,ギター・バンド活動に没頭しました(XJAPAN→BOOWY→洋楽(Mr.BIG)→Eric Clapton,Led Zeppelinなど)。

スタジオミュージシャンのプロのもとでギターを習うなど,プロを目指しており,とある機会に有名な女性バンドのベースの方とセッションをしました(テクニックが凄いというバンドではありません)。

しかし,プロのレベルの高さに驚愕。心が折れました。このレベルでないとプロになれないと考え,ギターを好きでなくなるかもと思い,諦めました。

また,就職氷河期でもあり,当時のバイト先輩が,ことごとく就職活動に失敗しているのを目の当たりにしました。そこで,何か資格を取ろうと思い,中学生のころ「弁護士になりたい」と考えたことを思い出し,司法試験受験へ

同時並行で,麻雀のプロにもなりたいと思い勉強しました(麻雀は小学4年生のころからしている)。しかし,自分の麻雀スタイル(防御型)が流行ではなく,色々と現実的でもないので,諦めました。

このような感じで弁護士を目指しました。司法試験を受けると決めたとき,色々な事に挑戦してきた自分を思い返し,ハマってしまうと「その道を極めたい」という思いが強くなる自分と,今までどれも中途半端に終わっていた自分を反省しました。

そして,これ(司法試験)だけは絶対に合格してやろうと強く決意し,司法試験を受験。現在,弁護士をしています。

 弁護士になってから

弁護士になって,まずは勤務弁護士として弁護士人生をスタートしました。

約8年間,多種多様な事件に触れ,弁護士としてのスキルを勉強させてもらいました。ものすごく専門的な問題は別として,どんな事件も一通りは経験させていただき,どんな事件でも対応できると思えるようになりました。

そして,8年間の勤務弁護士の経験から,自分でも事務所を持ちたいと思い,独立しました。

実は,弁護士になってからダーツにハマり,ダーツのプロ試験にも合格しました。もう更新していないのでプロ資格はありませんが。実はビリヤードにもハマり,プロ試験の受験を考えました。しかしこちらは試験の難易度が高いので,今のところ趣味止まりです。

このブログへの想い

私は,ハマってしまうとすぐに「極めたい」と考えてしまう傾向にあります。

大学卒業まではそれができない。しかし,司法試験を目指してから「法律」が「好き」になり,合格することができました。

パラレルワーカー・フリーランスの人も「好き」で始めたことでしょう。私の言葉でいうと,そのことにハマっているのだろうと思います。

私の述べてきた経験は,まだまだ子どもの一途(?)な夢物語です。夢を追いかけるのか,諦めるのかは私の自由でした。

しかし,パラレルワーカー・フリーランスの人が「好き」で始めることには,当然,色々な【法】規制が掛かってきます。 ハマったことを好きなだけしたいのに,法律を知らなかったがゆえに犯罪になったり/莫大な賠償義務を負ったり、大変なことになるのは残念です。

自分のやりたいことを,やりたいようにするためには,知っておくべき法律知識があります。それを,このブログから発信できればと思っています。

あと,ロースクールで「生徒に教える」こともしており,このブログを読む人にも,

「分かりやすく」

法律のことを伝えていけるようにしたいと思っています。

これから、よろしくお願いします。